Close
2018.10.25 [イベントレポート]
第31回東京国際映画祭開幕!初参加の稲垣吾郎に大歓声「最高の思い出」
映画コムニュース
©2018 TIFF
映画.com

第31回東京国際映画祭が10月25日、東京・六本木ヒルズで開幕した。この日、最も大きな歓声を浴びたのは、コンペティション部門に選出された阪本順治監督作に主演した『半世界』の稲垣吾郎。同映画祭に参加するのは初となったが、「面白かったです。日本で初めての経験。今までテレビなどで見てきた光景と同じ。このメンバーと一緒に歩けて最高の思い出になった」と満面の笑みを浮かべ、共演の長谷川博己、池脇千鶴、渋川清彦、阪本監督とともに沿道のファンに手を振った。

“いの一番”でレッドカーペットに姿を現し、ファン1848人の熱視線を独占したのは、今年の映画祭アンバサダーを務める女優の松岡茉優。男性ファンの声が裏返るほどの呼びかけに、「すごく嬉しかった! (昨年は土砂降りだったが)今年は晴れて良かったです!」とニッコリ。さらに、「大好きな映画祭のアンバサダーに選ばれて本当に光栄です。皆さん、一緒に映画を楽しみましょう!」と呼びかけることを忘れなかった。

『アジア三面鏡2018 Journey』で松永大司監督が手がけた『碧朱』に主演した長谷川は、レッドカーペットでも凛とした佇まい。ミャンマーで行われた撮影に思いを馳せ、「すごくいい経験だった。学ぶことも多かったし、反省すべきことも多かった。色々なことを考えながら撮影をしていて、本当に“旅”に行くような感覚でしたね」と振り返った。

特集上映「映画俳優 役所広司」で『CURE』『Shall We ダンス?(1996)』『うなぎ』『キツツキと雨』『孤狼の血』の5本が上映される役所広司は、今年が俳優生活40周年を迎えた。丁寧にファンサービスに努め、「映画祭に大感謝ですね。こうやって5本を上映していただき、キャスト、スタッフも喜んでくれているはず。10年、20年経ってもこうしてスクリーンで見ていただいて本当に幸せです」と感無量の面持ちだった。

『旅猫リポート』の福士蒼汰は、“主演猫”のナナ、広瀬アリスらと登場。ナナを抱いてレッドカーペットを練り歩いた福士は、「ナナちゃんは歩いていると大丈夫なんですが、止まると飽きちゃうみたいですね」と苦笑い。それでも、「初めての東京国際映画祭。すごく楽しませていただいています」と満喫した様子だった。

『えちてつ物語 わたし、故郷に帰って来ました。』の緒方直人は、人生初のレッドカーペットだと明かし、「今までは現場ばかりでこういうところに縁がなかった」と照れ笑いを浮かべ、颯爽と歩き去った。また、日本映画としてコンペティション部門に名を連ねた「愛がなんだ」の今泉力哉監督は、「コンペティションはもちろん嬉しいのですが、早く皆さんに見ていただいて、感想を聞きたい」と公式上映を待ちわびていた。

レッドカーペットに出席した主なゲストは以下の通り(順不同)。

松岡茉優、奥山和由、山戸結希、井樫彩、枝優花、加藤綾佳、坂本ユカリ、首藤凜、竹内里紗、夏都愛未、東佳苗、ふくだももこ、松本花奈、安川有果、山中瑶子、金子由里奈、石橋静河、唐田えりか、北浦愛、木下あかり、倉島颯良、瀧内公美、日南響子、堀春菜、松井玲奈、三浦透子、小川あん、神尾てん子、久保陽香、詩歩、清水くるみ、杉野希妃、竹内ももこ、筒井のどか、手島実優、土居志央梨、福島珠理、古川琴音、松林うらら、柳英里紗、Lee Yoko、山下敦弘、入江悠、加藤諒、渡辺大知、山本舞香、関智一、野島健児、東地宏樹、塩谷直義、長谷川博己、松永大司、DJ KOO、寺島惇太、武内駿輔、畠中祐、北澤豪、イッセー尾形、篠原ともえ、モロ師岡、横澤夏子、緒形直人、徳永えり、芦那すみれ、福士蒼汰、広瀬アリス、三木康一郎、韓英恵、上田慎一郎、秋山ゆずき、岸部一徳、木竜麻生、加瀬亮、大森南朋、武正晴、村上虹郎、日南響子、岡山天音、SABU、青柳翔、鈴木伸之、町田啓太、湯浅政明、今泉力哉、岸井ゆきの、深川麻衣、若葉竜也、市村正親、行定勲、役所広司、レイフ・ファインズ、阪本順治、稲垣吾郎、池脇千鶴、渋川清彦、ブリランテ・メンドーサ、ブライアン・バーク、南果歩、寺島しのぶ、宮野真守
新着ニュース
2019.01.30 [更新/お知らせ]
2019.01.30 [更新/お知らせ]
オフィシャルパートナー