Close
2018.10.25 [イベントレポート]
宮野真守&櫻井孝宏、TIFFで“ゴジラポーズ” 関智一らは『PSYCHO-PASS』アピール
映画コムニュース
©2018 TIFF
映画.com

第31回東京国際映画祭のオープニングセレモニーが10月25日、東京・六本木ヒルズで行われた。アニメーション監督特集を企画するなど、アニメ分野にも注力している同映画祭。クロージング作品『GODZILLA 星を喰う者』キャストの宮野真守と櫻井孝宏、『PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System』(『Case.1「罪と罰」』『Case.2「First Guardian」』が特別招待作品に選出)の関智一、野島健児、東地宏樹、佐倉綾音ら人気声優が多数登壇した。

『GODZILLA 星を喰う者』のスタッフ&キャストは、ゴジラとともにステージに登場。宮野は「日本が誇るコンテンツ『ゴジラ』が、初めて長編アニメとして作られました。ぜひ世界に届いてもらいたい」と熱く呼びかけ、櫻井も「魂こめて演じさせていただきました」と熱弁をふるう。フォトセッションでは、暴れるゴジラを声優陣がなだめ、笑いを誘う場面も。レッドカーペットでも、「マモー!」といった熱烈な歓声が沸き起こり、宮野と櫻井は“ゴジラポーズ”を決めて場内を盛り上げた。

シリーズの約4年ぶりの新作となる『Sinners of the System』3作品のうち2作品が上映される『PSYCHO-PASS サイコパス』。『Case.1「罪と罰」』メインキャストの野島と佐倉は、「テレビシリーズの続きが見られることが何よりうれしかった。感無量」(野島)、「出来上がった映像を見させていただいた時に、私も感無量だなと思いました」(佐倉)と声をそろえる。『Case.2「First Guardian」』主演の東地は、「未来が舞台の作品ですが、流れているものは刑事ものの男らしさ」と述べ、現在製作中の『Case.3「恩讐の彼方に__」』で主演を務める関は、「3作品それぞれ時間も場所も違うので、それぞれ個別で楽しめます」とアピールした。

特別企画「TIFFプラス」として応援上映が実施される『KING OF PRISM PRIDE the HERO』からはキャストの寺島惇太、畠中祐、武内駿輔、DJパーティを担当するDJ KOOが出席。 ノリノリのDJ KOOに促され、声優陣はテンション高めにレッドカーペットをかっ歩。さらにキュートな魅力をふりまき、沿道に集まったファンの心をつかんだのは、熊本県のマスコットキャラクター・くまモン。『ダム・キーパー』で知られるトンコハウスの原案・構成・デザインでアニメ化が決まっているくまモンは、両手をあげて元気いっぱいに挨拶した。

また、アニメ監督特集「アニメーション監督 湯浅政明の世界」としてフィーチャーされる湯浅政明監督は、ちびまる子ちゃんらキャラクターとともに登壇したため「自分が昔描いていたキャラクターと歩くのは不思議な感じです」とニッコリ。「28日に新しい映画が発表になるので、注目していただきたい」と新作についても言及した。

第31回東京国際映画祭は、11月3日まで東京・六本木ヒルズほかで開催。
新着ニュース
2019.01.30 [更新/お知らせ]
2019.01.30 [更新/お知らせ]
オフィシャルパートナー